国際日本学科 ビジネス日本語コース

高い日本語能力に加え、
日本の観光・ホテル・販売・貿易等の業務に
従事できる専門的なビジネススキルの習得を目指します。

本コースでは、多様なビジネスシーン(観光・貿易・販売等)に対応することのできる、ビジネス日本語の習得はもちろんのこと、ビジネスの現場で活きる様々なビジネス実務のスキルを身につけることを目指します。さらに就職に役立つ各種資格取得の支援体制及び、インターンシップ制度による就業体験などのサポート体制を整え、本コースの卒業後に日本国内で活躍できるビジネスパーソンを育成します。

学科概要

  • 昼間部(専門課程)二年制
  • 募集定員:20名(男女)
  • 総定員:40名
  • 月曜日〜金曜日 週5日コース
  • 授業時間帯:9時20分〜15時5分
    (1コマ/90分)

時間割例

時間割

取得目標資格

  • 日本語能力試験 N1
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 日本漢字能力検定
  • ビジネス能力検定
  • 販売士検定
  • TOEIC
  • 貿易実務検定
  • 観光英検
  • MOS試験
    (Word,Excel,Power Point)
  • 国内旅行業務、取扱管理者試験
  • 観光地理検定

カリキュラム例カリキュラムは年度によって変更になる場合があります。

分野 カリキュラム例 1年 2年 分野



総合日本語 レベル別少人数クラスで、より適切な日本語の運用(表記、語彙、文法、発音、他)を徹底させ、ビジネス課題対応力を磨く。
日本語能力試験N対策   科目別集中試験対策により、N1合格、高得点取得を目指す。
スピーチ スピーチ全般を学び、公の場で話すスキルを身につける。
並行して、漢検3級、準2級対策も行う。
作文演習 状況に合わせた書き言葉としての日本語を正しく使い、論理的な記述ができるようになる。
聴解・発音矯正 モニタリング、シャドーイング、ペア練習、セルフラーニングにより、
聴解力の向上と発音矯正を行う。
ビジネス日本語会話 レベル別少人数クラスで、敬語の使い方からビジネスシーンで必要となる
様々な日本語会話を習得する。
ビジネス文書作成   ビジネスシーンで必要となる企画書などの社内文書、社交文書などの対外文書、Eメールの書き方を学ぶ。
ビジネス実務   ビジネスで必要なマナー、仕事の進め方、会社組織の意義や役割について学ぶ。
ビジネス情報処理 ワード、エクセル、パワーポイントの基本的な操作法、インターネットの活用法を学ぶ。
基礎英語   日本の中学校から高等学校で標準的に学ぶ英語・英会話を復習し、
ビジネス英会話の基礎を築く。
ビジネス英会話 ネイティヴの講師によりビジネスシーンで必要な英会話力を養う。
TOEIC対策 幅広い英語コミュニケーション能力を測るTOEIC高得点取得を目指す。
クリティカルリーディング 社会人として必要な批判的思考力を養うためにPISA型読解力を身につけ、
さらに他者と協働する態度を養う。
国際関係論   外交問題、国際経済情勢、環境問題、安全保障、難民問題などを考えることから、グローバルな視点を養う。
異文化コミュニケーション   異文化を背景とする人々が互いを尊重しあいながら協働できるように、問題発見解決能力、異文化調整能力を養う。
キャリアプランニング 職業の適正を見極め、キャリアプランを立てる。
また、履歴書やエントリーシートの書き方、就職模擬面接を行う。
インターンシップ   企業で就業体験をすることで、企業の現場を知り、また、自身の適性を知る。
日本事情フィールドワーク 学校行事(歌舞伎鑑賞、企業訪問、文化祭など)に参加、自主課題研究を行うほか、学科行事の企画から運営までを体験する。
BJTビジネス日本語能力テスト対策 BJTビジネス日本語能力テストで高得点取得を目指す。






通訳翻訳入門   企業での実務通訳・翻訳、観光客に対応できる基本的な通訳能力を養う。
貿易実務 貿易取引の全体像、マーケティングと取引交渉、
契約書や取引条件等の基礎知識を身につけ、貿易実務検定試験C級合格を目指す。
販売士検定対策 流通システムや販売経営の基礎知識を身につけ、
リテールマーケティング(販売士)検定試験3級合格を目指す。
日本文化   日本の政治、経済、歴史、地理、教育、福祉などの基本的な知識を習得し、
日本の習慣、マナーなどについて理解を深める。
企業インターンシップ
古典芸能鑑賞(歌舞伎)
学内企業説明会
文化体験DAY
スピーチコンテスト
観光ツアー発表会