1.罹患学生について

   当初より軽微な症状でしたが、居住地区の保健所の指導に従い療養を続け、順調に回復。

   その後、保健所指導の自宅隔離期間も終了し、本日より学校に復帰しました。

 

2.濃厚接触者の指定を受けた学生について

   それぞれの居住地区の保健所によるPCR検査により、全員の陰性が確認されました。

   その後、保健所指導の自宅隔離期間も問題なく終了し、本日より学校に復帰しました。

 

今回、幸いにも罹患者、濃厚接触指定者とも大事に至ることはありませんでした。

日本における感染拡大の懸念が伝えられる中、当校教職員、学生一丸となり感染予防に一層の注意を払ってまいります。

 

2020年11月13日

東京外語専門学校

校長 武田哲一

国際日本学科